市川市 行徳駅から徒歩2分。骨盤矯正・美容鍼・肩こり・腰痛・交通事故治療なら行徳エール鍼灸整骨院へ

当日のご予約OK!飛び込みの来院も歓迎!

080-2365-2054 ご予約フォーム
受付時間
10:00〜13:00 ×
15:30〜21:00 ×

※土曜日は、受付時間 9:00〜12:00/14:30〜18:00
●休診日:日曜・祝祭日

東京メトロ
東西線行徳駅
徒歩2分

市川市|行徳エール鍼灸整骨院 > お知らせ > ぎっくり腰の予防

ぎっくり腰の予防

更新日:2020年11月20日

こんにちは!
骨盤矯正・鍼灸治療・整体による総合的アプローチ!
つらいぎっくり腰についてご相談ください!
東京メトロ東西線行徳駅徒歩2分にあります行徳エール鍼灸整骨院です。

11月も中旬になり、寒くなってきましたね。
この時期になりますと増えてくるのがぎっくり腰(急性腰痛)になります。当院にもぎっくり腰で来院される方が増えてきております。
欧米では『魔女の一撃』とも言われ、動くのもやっとですし日常生活にも影響が出てしまうほど本当につらい症状になります。
私も8年前に一度ぎっくり腰になってしまい、その経験を基に予防についてお話していこうと思います。

そもそもぎっくり腰とは・・・

いきなり腰が痛くなってしまった急性腰痛の事です。
そのため、筋肉が原因の時もあれば関節や靱帯が原因によって痛みが発症することがあります。
そのため、日頃の生活習慣も影響し、痛める場所も変わり治療も変わってきます。

私の経験

私がぎっくり腰になってしまった時は、ずっとやっていたサッカーを辞めた4年後にやってきました。その時の身体の状態としては・・・
①運動不足
②身体が硬かった
③仕事の疲労が溜まっていた
④睡眠不足
この4つが大きく関わっていたと思います。

それは・・・
1つ目は、筋肉に疲労が溜まっていたため損傷しやすい状態になっていた。
2つ目は、柔軟性が低下していたため、関節の動きが悪くなり関節に負担が掛かっていたと思います。
この他にも、骨格の歪みや姿勢が悪いなども関わってきます。

2度とぎっくり腰になりたくない為、股関節周りのストレッチを中心に関節の動きを改善するトレーニングを行っています。

ストレッチ

①ハムストリングス(もも裏)

②お尻のストレッチ

③広背筋のストレッチ

④腸腰筋のストレッチ

私はこの4つのストレッチは常に行っております。
職業や骨盤や骨格の位置によっって身体の状態は変わるためストレッチの箇所やトレーニングの場所も変わってきますが基本的にはこの3つは行うことをお勧めしています。

①座っているときに猫背になってしまう方が多いと思います。もも裏の筋肉は骨盤を後ろに倒してしまい猫背になりやすい状態を作ってしまい、腰を痛める原因になるためです。

②お尻の筋肉も同様に骨盤を後ろに倒します。
さらに、歩くときや体重を支えるときにお尻の筋肉は重要です。お尻の筋肉が柔軟性がないと股関節の動きも悪くなってしまい腰に負担が掛かります。

③背中の筋肉である広背筋は腰に関わってないと思われるかもしれませんが、骨盤についているため大いに関係あるのです。

④股関節の前側のストレッチになります。
前かがみするときにも使いますし、大事な筋肉になります。特にデスクワークの方は短縮していて使えなくなっている方が多いです。

この4つの筋肉のストレッチに加えて、筋肉や筋膜を緩めたり、関節の動きを改善するための鍼治療も行っております。
まずは、家でできます簡単なストレッチからやってみましょう。

まとめ

ぎっくり腰を起こさないためには日ごろから腰への負担を減らすことが大切になってきます!!
そのためには、姿勢や関節の動き、筋肉の柔軟性を高めておくとよいでしょう。
現在の身体の状態を確認したい方は、国家資格のもっている整骨院や鍼灸院で聞いてみると良いと思います。

当院では、姿勢分析や重心の位置の確認も行なって施術し、一人ひとりに合ったご自宅でのケアもお伝えしています。

行徳エール鍼灸整骨院
千葉県市川市行徳2-8-3
https://gyotoku.eal-seikotsu.com/

▲ TOP